ニキビは大きく分けると2種類ある


ニキビは大きく分けて、二つに分けることが出来ます。

思春期の頃に出来たニキビ、そして大人になってから出来る大人にきびと、大きく2つに分ける事が出来るのです。ただし、医学用語ではありません。

どうしてふたつに分けることが出来るのかというと、出来始める時期が異なることと、出来る原因に少しだけ違いがあるからです。

思春期のニキビを、成人してもそのまま引きずる人もいるようです。ニキビが出来る原因は、皮脂の過剰分泌からということは、どちらも同じと言えます。

思春期に皮脂の過剰分泌が起こる原因は、体が大人になるための準備をするからです。つまり、性ホルモンの分泌が増加、ホルモンのバランスが変わってくることからです。

思春期になると、髭が生えてきたり、月経が始まる。腋毛や陰毛などが生えてきたり、体臭が出てくるなども、その頃からなのです。

したがって、思春期のニキビは、ホルモンバランスがおだやかになってくると共に消失してしまうことが多いと言われます。

大人のニキビはどうかというと、ホルモンバランスの関わりが原因になることもあります。

特に女性の場合、月経に関係していることが多く、排卵と共にニキビが出来始めたり、月経が始まる頃からニキビが良くなるということもよくあるのです。

他の情報
種類を把握しよう

背中


ニキビ予防対策TOP