アクネ菌の役割


ニキビの原因として言われているアクネ菌。

アクネ菌があれば、全てニキビになるということはありません。アクネ菌はわたしたちの皮膚にいる常在菌の中で一番多い菌なのです。

アクネ菌の役割は、皮脂を栄養にして繁殖するのですが、肌に保湿力を与えてくれているのです。皮膚を弱酸性に保ち、雑菌などの進入や繁殖を抑える役割も持っています。

それではなぜ、アクネ菌がニキビの原因として言われているのでしょうか?

アクネ菌は皮脂を貧食し、繁殖しますが、過剰分泌した皮脂が多ければ多いほど、アクネ菌が繁殖するのは想像できると思います。

この菌は、酸素を嫌いますので、詰まった毛穴の皮脂というのは増殖するのに都合がいいのです。

また、この菌に紫外線が加わることで、ポルフィリンと言う毒素が発生するようです。この毒素がニキビを悪化させる原因とも言われているのです。

このような理由から悪者として言われることがありますが、肌の保湿力を失わないためにも、完全に除去するのは望ましくありません。

保湿力を失った肌は、敏感肌へと変わることもあり、常に外からの保湿を与えている状態でも、皮膚を弱くする原因になるのです。

アクネ菌を除去するよりも、過剰分泌した皮脂を抑える対策の方がいいのです。


ニキビ=アクネ
アクネケアの意味

ニキビ予防対策TOP