ニキビ肌でのボディー洗浄


ニキビのために、どのようなボディー洗浄を行われているでしょうか?ニキビは刺激が一番よくありません。

ニキビを解消するために、いろいろ見直すべき点が挙げられます。

まず、刺激しないものに替えてしまうことですが、タオルは刺激の強いナイロン製のあかすりから、肌に優しい天然素材のものに替えてしまいます。

その際に、きちんと泡立てることが出来るかどうかも確認しましょう。

次に、洗浄料を見直します。洗浄料も肌に優しく、刺激の少ないものに変えましょう。弱酸性がいいと言われていますが、中にはアルカリに傾いている製品を使われる方もいるようです。

体を洗う際の注意としては、まず第一に、洗浄料を直接肌につけないことです。これは絶対にやめておきましょう。

お湯で湿らせた体に、十分に泡を立てた状態で体を洗います。背中は手の届きにくい場所ですが、意識して洗うようにします。

最後に、洗い流しますが、これも重要で、洗浄料が肌に残らないように、十分すぎるくらいに洗い流すようにします。

泡を立てる理由は、体を泡で優しく洗うことで刺激が少なくなることと、濯ぎ残しを防ぐためです。

洗浄料を直接肌に乗せて洗うよりも、泡で落とす方がより綺麗に落とすことが出来るのです。

肌が乾燥で気になる場合は、お風呂上り直後に保湿してあげましょう。(クリームではなくローションにします)

他の情報
大人ニキビの原因
ニキビ肌でメイク
出来やすい所
ニキビ菌と顔ダニ
良くない事
コメドの説明

ニキビ予防対策TOP