ニキビ菌と顔ダニ


ニキビの原因ですかという問いが多い「ニキビ菌」と「顔ダニ」ですが、直接の原因ではないことを知りましょう。

ただし、直接的ではなく、間接的にニキビを悪化させる原因の一つになることもあります。

ニキビの原因は過剰分泌した皮脂ですが、この皮脂に汚れや雑菌が付くことで、アクネ菌が増殖しニキビとなるのです。

ニキビ菌や顔ダニも、わたしたちの皮膚に存在する「常在菌」や「ダニ」です。

ニキビ菌は、皮脂をエネルギーにし、皮脂膜を作ってくれます。皮脂膜は、外からの刺激から肌を守り、水分の蒸発を防いでくれているのです。

顔ダニは、わたしたちが分泌した余分な皮脂を食べて、皮脂の量を調整してくれています。ただし、赤ちゃんの皮膚にはいないといわれています。

顔ダニが過剰に繁殖した場合、口や鼻の周りに赤くて治りにくい出来物が出来ることがあるようです。

その場合は自己判断でニキビケアするのではなく、皮膚科を受信された方がいいようです。(特に中高年)

これらを見ても分かるように、直接的な原因は作り出しません。

異常繁殖した場合や、過剰分泌した皮脂をそのままにしておくことでニキビに悪さをすると考えた方がいいでしょう。

他の情報
大人ニキビの原因
ニキビ肌でメイク
出来やすい所
良くない事
コメドの説明
ニキビ肌でのボディー洗浄

ニキビ予防対策TOP