凸凹のニキビ跡はとても厄介


ニキビに関する悩みをお持ちの方にはとても深刻な悩みの一つです。なぜこのように凹凸の跡を残したのか、ご存知でしょうか?

これはニキビがひどくなり、化膿し、膿みを持ったときに出来る可能性が大きいのです。

白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビの段階で治してしまえば、凹凸の跡を残さないことがほとんどです。

しかし、毛穴の中で炎症を起こす化膿したニキビへと進むと、毛穴壁面や周囲の組織を破壊するのです。

炎症の期間が長ければ長いほど、組織はどんどん破壊されていくのです。皮膚は、大きく分けて真皮と表皮に分けることが出来ます。

表皮はターンオーバーによって、若い肌なら28日周期で生まれ変わります。

しかし、表皮の下にある真皮はターンオーバーをしないと言われています。つまり、一生付き合っていくということです。

ここで落胆しないで欲しいのは、例えば火傷の跡、時と共にケロイドが良くなってきていませんか?

そうです。とても時間はかかりますが、すこしずつ良くなっていく可能性があるのです。そのためにもきちんとしたスキンケアと食習慣を整えるべきだと思います。

なるべく早くにと思われる方は、医療技術も発達していますので、そこで相談されるのもいいと思います。

他情報
色素沈着のニキビ跡
クレーター&ケロイド

ニキビ予防対策TOP