ニキビ肌でメイク


ニキビが出きていてもメイクはしたい。その気持ちは分かります。しかし、ニキビが出ている期間、メイクは出来るだけ避けたほうがいいのです。

メイクすることによる、ニキビ肌に良くないことは、毛穴を塞いでしまうことです。毛穴を塞いでしまうと、分泌された皮脂と化粧品の脂分でアクネ菌が増殖してしまうからです。

また、メイクをした後は、必ずと言っていいほどクレンジングを使用します。

クレンジングを使用するということは、肌へ刺激を与えることに繋がり、毛穴を塞いだために増殖したアクネ菌とニキビに悪い影響を与えます。

思春期や学生の場合、メイクの必要は無いでしょうが、社会人となるとそうもいきません。

しかし、メイクの仕方を変えるだけでも、ニキビへ与える影響は少なくなります。

まず、アイメイクや眉、口紅だけのポイントメイクに変えてみてはいかがでしょうか?

肌のくすみが気になる場合、ファンデーションからおしろいに変えてみましょう。

毛穴を完全に塞いでしまう、リキッドやクリーム、水塗りのパウダーファンデーションはタブーです。

頬紅(チーク)も、筆や、クレンジングなどでニキビを刺激することになりますので、完全にストップしましょう。

コンシーラーでニキビを隠す方がいますが、それも絶対に避けたほうがいいのです。

出来るだけクレンジングをしないようなメイクを心がけてください。

他の情報
大人ニキビの原因
出来やすい所
ニキビ菌と顔ダニ
良くない事
コメドの説明
ニキビ肌でのボディー洗浄

ニキビ予防対策TOP