ニキビの為の洗顔


ニキビ肌の洗顔と、普通肌の洗顔は基本的には同じです。

基本は同じなのですが、ニキビが出来ている場合、まず「刺激を与えない」ということを頭に入れておきます。

刺激には、手で与える刺激と、肌に合わない洗顔料の使用が考えられます。

まず、肌に合わない洗顔料はすぐにやめ、クレンジングも必要最低限で行います。

クレンジングはどれを使ったらよいか迷うと思いますが、調理に使用するオリーブオイルも良いとされています。

洗顔料はしっかり泡を立て、泡で包み込むように汚れを洗い落とします。

泡を立てずに行うことは、肌を刺激することになりますので、小鼻の周りなど気になって手でこすりがちですが、泡でしっかり落とすことが出来ますので、手と肌の間に泡のスポンジを置いているような感覚で洗顔しましょう。

また、ニキビが出来る原因のひとつに、洗顔料の洗い残しがありますので、洗顔料を使った後は、十分すぎるくらいに水で洗い流しましょう。

流れとしては、必要に応じてクレンジングを行い、顔を水で湿らせる。(クレンジングを使わない場合、熱い蒸しタオルで角質を柔らかくする、汚れを落としやすくするなどします)

その次に、洗顔料を手のひらでしっかり泡立てます。(泡立てネットだと楽です)

泡で包み込むように洗った後、水かぬるま湯でしっかり洗い流します。

最後に水で肌を引き締めてあげましょう。必要に応じて2度洗いしてもいいですね。

関連情報
ニキビの為の栄養素
良くする為に
髪型
ファッション
ピーリングでニキビ改善は?
男性のニキビの悩みとケア

ニキビ予防対策TOP