ニキビの種類を把握しよう


ニキビには、経過や状態でいろいろな種類で呼ばれています。

ニキビの最初の段階では、「白ニキビ」と言い、皮膚の中に白いポツポツがある状態のことです。

白ニキビは閉鎖面皰と言い、毛穴が完全に塞がっている状態です。逆に毛穴が開いている状態を開放面皰といい、こちらは「黒ニキビ」と言われているものです。

黒ニキビは炎症に繋がる確立が低いようですが、刺激になるようなことがやめます。

白ニキビが化膿すると赤くなります。この段階では「赤ニキビ」と呼びます。中で炎症を起こしているため、触ると熱を帯びていて、痛みを感じます。

赤ニキビが進行すると、「黄ニキビ」と呼ばれるものになり、炎症を起こした部分に膿みを持ちます。毛穴入り口が黄色くなっているのがそうなのです。

その後の経過は、紫ニキビや炎症が治まるということになりますが、この時点で毛穴の中がどうなっているのかというと、毛穴の壁面や毛穴周辺の組織が破壊されているのです。

そうなると、色素沈着のニキビ跡、凹凸のニキビ跡に変わってくるのです。

ちなみに、紫ニキビは、中で炎症を起こし、膿みを持っているのは黄ニキビと同じですが、紫ニキビを潰すと、赤黒い膿が出てきます。

そのようなニキビが出来る人は、血の巡りが悪かったり、老廃物が溜まりやすい人に多いと言われています。

他の情報
大きく分けると2種類

背中


ニキビ予防対策TOP